不要な洋服は専門業者に高価買取りしてもらう事をおすすめ致します!

最終更新日:2020年10月21日

洋服を買い取ってもらいました

ダンボールとガムテープ

先日大量の洋服を買い取りに出しました。きっかけはテレビで断捨離の特集を見たからです。その特集では洋服は「心がときめくもの」だけ残し、あとは「ありがとう」を言って潔く処分しましょう!という内容でした。ちょうど今、我が家では長男が半年になり、育児にもほんの少しだけ余裕が生まれたところでした。これからベビー用品はどんどん増える一方、私の服はオシャレで手間がかかる服よりも、すぐに洗えて、抱っこした息子が痛くない、優しい素材のものだけにしたいと思っていました。そこで私は一大決心をし、不要な洋服を買い取りに出すことにしたのです。
まずインターネットで、近くにあるリサイクルショップの買い取り情報を調べました。時期によって買い取る服が違うので、先に確かめておきたいと思ったからです。そしてそのお店ではレディース、メンズ、キッズの洋服の買い取りをしてもらえることが分かりました。そこからは怒濤の仕分け作戦です。実は私は結婚するまで、洋服販売の仕事をしていました。そのためとんでもない量の洋服を持っていたのです。それからは息子が寝たのを見計らって、毎日格闘していました。いつか痩せたら着れる服、着心地の悪い服、どうコーディネートしてよいか分からない服など、あんまり着たくない服は全部買い取りに出すことに決めました。そして旦那さんの昔の服と、子どもが嫌がって着なかった服をあわせて、段ボール4つ分の用意ができました。私はやると決めたら即行動したいタイプなので、さっそくその日の午後に査定をお願いしました。カウンターで番号札を受け取り、
「金額に納得いただけましたら、免許証か保険証を確認させていただきます。」
と、言われました。査定時間は20分ほどだったのですが、店内の古着を見ていたらあっという間に時間が過ぎてしまいました。そして緊張の金額の発表です。段ボール4つ分で3700円程とのことでした。もともとは燃えるゴミで出そうとしていた服なので、私はとても嬉しく感じました。着ないとはいえ一生懸命選んで、お金を払って手に入れたものですから、買い取ってもらって、また誰かに大切に着てもらえるならこんなに喜ばしいことはありません。お金を受け取ってすがすがしい気持ちで帰宅することができました。機会があればまた洋服買い取りをお願いしたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

洋服