不要な洋服は専門業者に高価買取りしてもらう事をおすすめ致します!

最終更新日:2020年10月25日

いらない洋服はどのように売却するのが賢いか

古着のチェックシャツ

最近は古着屋さんでも、大きく「いらない服を買い取ること」を宣言している店舗も見かけるようになりました。以前であれば、古着屋さんでも買取をしている事は大々的に宣伝するわけでなく、その場の査定で値段を決めていることがほとんどでした。

現在では、服の状態にもよりますが、その服の種類と点数によって、値段を決めていることもあるようです。

そうした服の買取についてですが、古着屋さんとブランド品買取業者とフリーマーケットサイトで、ケースバイケースで使い分けたほうが、より高く売りさばくことができるかもしれません。

まず、古着屋の買取についてはあまりブランドを重視されていると思わないほうが良いでしょう。その服の状態や流行のデザインなどによって、手軽に手に取ってもらえることを条件とする場合がほとんどですので、効果で買い取りができるものはあまり古着屋さんでは通用しないでしょう。ブランド品のジャケットやコート、シャツ等については買取専門業者の方が良い値段をつけてくれることがほとんどでしょう。

逆に、無名のブランドや有名ブランドでも基本的に値段が安いものについては、古着屋にもっていくようにしましょう。そうすることで、上記の通りその服のデザインや形状によって査定され、点数によって値段の増減が決まります。査定されるほどのものではないものについては、古着屋の方で手早く売りさばきましょう。

後は、ブランド品であってもそうでなくても、少し傷が入っていたり年季が入っていると思われるもの、後は売却後の店側にとって販売価値があまりないと思われるものについては、フリーマーケットサイトで販売してしまいましょう。

買取を選ぶのか自分で売却をするのか、その手法を選ぶことでその商品の売却価値というのは大きく変わります。ある種の戦略のようなものではありますが、この商品はどこに売ればどのように判断されて、どのような価値をつけてもらえるのか。そのことを考えながらどのように売却するかを考えてみると、一言に買取といっても業者に買取してもらうのが正しいのか、正しくないのかが見えてくることがあります。安易にすべてを古着屋に持っていったり、買取業者に持っていくのではなく、適宜正しいと思われるところで買取をしてもらうようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

洋服